アルハンブラ宮殿に行くためには…

今回のスペイン旅行での大目的は3つ。
1、マドリードで、プラド美術館に行くこと。
2、グラナダで、アルハンブラ宮殿を見学すること。
3、バルセロナで、サグラダファミリア教会を拝観すること。
a0129636_1165357.jpg



その重要な目的を果たすためには、宮殿行きのバス停を確認しておかねばならない。
ところがグラナダはランドマークがなく、大変分かりにくい地形。
a0129636_11325770.jpg


夕方までになんとか大聖堂を探し当てた。
大聖堂の周辺はイスラム文化漂う土産物屋、香辛料の店などで賑わっている。
干し無花果、ナッツ、香辛料などを買った。
a0129636_11135937.jpg


帰り道、ホテルまでの道を検証しながら歩き、
途中でスーパーに寄って買い物もした。
街の様子がなんとなくつかめてきた。
a0129636_11282041.jpg


アルハンブラ宮殿の広大な敷地は大きく4ヶ所に分かれる。
王宮、カルロス5世宮殿、アルカサバ(要塞)、ヘネラリフェ(水の離宮)。
そのうち王宮への入場は時間が決められていて、
刻印の30分以内に入らねばならない。

予約時間を朝の8時半にしたのは、団体客が到着する前に、
静寂の宮殿を独り占めにしたかったからだ。
となると、8時15分には入り口に着いていたい。

バスに乗る時間は10分ほどなので、8時には乗りたい。
しかし、うまい具合の発車時刻があるだろうか。
不安は尽きないが行くほかはない。
a0129636_1118322.jpg


朝ごはんを急いで澄まし、早足でバス停に向かった。
「イザベル・ラ・カトリカ広場」に向かう。
簡単な地図を頼りにどんどん歩いていく。
なかなか着かない、心が急く。

妹が道を訪ねた。
「まっすぐ行くと、左側にカテドラルがある、その反対側にある」

直進するのみだ。
すぐ大きな広場が見えた。
広場は円形に道が通り、ミニバスが2台停まっていた。
妹は走りよって確認。
「まちがいない、さあ乗ろう」と、はあはあしながら乗り込んだ。

バスは急カーブを何回も曲がりながら、宮殿へと登って行った。
安堵のため息が出た。
a0129636_1115311.jpg


もちろん、タクシーを予約して行く方法もある。
予約の時刻までに到着する必要があるし、
慣れない場所で何があるか分からない。

でも、わたしたちはあえて困難な方法を選び、チャレンジする。
目一杯頭と勘を働かせ道を探す。
おおいに、くたびれる。
でもそれが旅だと思っている。

by bajiao1313 | 2015-02-12 11:33 | スペイン旅行 | Comments(4)

Commented by lucia at 2015-02-12 22:06 x
まだスペイン旅行の疲れが残っていますが、
あまりにも濃密で刺激的な旅行を体験してしまったからです。
すべて自分達で計画し1分たりとも無駄にしたくない。
行きたいところ、見たいものが沢山あるなかで厳選した計画でした。
三つの目標が達成でき、本当に満足できました。
かけがえのない体験でした。
Commented by Kaorin at 2015-02-13 02:38 x
自分達で計画し、旅することは、非常に疲れもしますが、旅の前から調べ、趣味レーションをし、街を歩き回り土地勘を身につけ、旅していく…ことで、何倍も楽しめるし、五感を刺激され、細かいところまでもが記憶に残ると思います。
Commented by bajiao1313 at 2015-02-19 17:43
luciaさま
10日間でも密度がすごく濃かったので、2週間くらい旅行したような活動量、情報収集量。
感動、感激の数々で、正直疲れました。
心身ともにくたびれましたが、パワー充電もすばらしく、
元気と活力が増したように思います。
Commented by bajiao1313 at 2015-02-19 17:45
kaorinさま
そうです。計画の段階からもう旅は始まっているんですね。
姉妹二人、仲良くがんばり旅行の楽しさを堪能しました。