八角の台湾旅行記

bajiaoyue.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:前橋便り( 97 )

林檎

a0129636_09005103.jpg
その名も「とき」という、
やさしい色の林檎。

サイズが小振りなのでうれしい。

甘過ぎす、酸っぱすぎず、
さっぱりした味。
a0129636_09014089.jpg

前橋はスパーマーケットの中に、
地元でとれた食品のコーナーがある。
新鮮でおいしい群馬の食品が買える。

by bajiao1313 | 2017-11-02 09:02 | 前橋便り | Comments(0)

十三夜

a0129636_18300668.jpg
中秋の名月からちょうど一月、
今日は十三夜。


見事な、見事なお月様。
心も体もリフレッシュさせてくれるような、
月の光。

すすきは近所のお寺でもらった。
a0129636_18305524.jpg

by bajiao1313 | 2017-11-01 18:31 | 前橋便り | Comments(0)

前橋、広瀬川の紅葉

a0129636_14221835.jpg
朝から快晴。
風もなく気持ちの良い日。
a0129636_14204822.jpg


午前中から散歩に出た。
家のすぐ横を流れる広瀬川、
その遊歩道をどんどん東に行く。
a0129636_14210868.jpg
朝日町まで行ってきた。
往復でちょうど一万歩。
a0129636_14215275.jpg

by bajiao1313 | 2017-10-31 14:25 | 前橋便り | Comments(0)

北風襲来

a0129636_17055817.jpg
昨日は季節外れの台風で、
大雨の日曜日だった。

台風は去って天気が良くなったが、
風が強く、雲が飛ぶように流れていく。

夕方、赤城山からの風が吹きつけ、
すごく寒くなった。
a0129636_17065523.jpg





明日で10月が終わり、
前橋はいよいよ冬支度です。
a0129636_17074601.jpg

by bajiao1313 | 2017-10-30 17:08 | 前橋便り | Comments(0)

秋のプレゼント


a0129636_16562735.jpg
ほおずきは夏のものだが、
秋深くなってから、味わいが増す。

a0129636_15081316.jpg
どんぐりの色、つや、形。
木の実は愛らしい。


菊のシーズンが始まった。
a0129636_15083396.jpg


ジェラートはモンブランとラム。
a0129636_15094439.jpg

by bajiao1313 | 2017-10-28 15:12 | 前橋便り | Comments(0)

無花果が好き

a0129636_10180446.jpg
前橋は無花果がよく売られている。
八百屋の店先に無造作に置かれているので、
目にするとつい買ってしまう。
安くてうれしい。

ヘルマンヘッセは庭仕事の好きな人だった。
庭に無花果の木も植えていて、
毎朝、実を摘み取っては朝ご飯に食べていたそうだ。
小さい実の野生のような無花果の写真もあった。

a0129636_10154221.jpg

昔はどの家も裏庭の少し陰った場所に、
必ずと言っていいほど、無花果の木が植わっていた。

熟していない実は摘み取ると白い液がにじみ出る。
それがイボに効くと言われて、
子供の頃、手のイボにつけたような記憶がある。

雨がやっとやんで、まぶしい日差しが現れた。
近所の遊園地に小学生が遠足に来ている。
ジェットコースターに乗ったのかな、
うれしそうにキャアキャア騒ぐ声が聞こえてくる。
a0129636_10160854.jpg

by bajiao1313 | 2017-10-18 10:18 | 前橋便り | Comments(0)

秋の長雨

a0129636_09535115.jpg
雨の日が続く。
ベランダからの景色がにじんで見える。


街路樹の銀杏の葉が少し黄色くなってきた。
ケヤキの葉も色づいてきた。
秋が深まって、やがて冬が来る。
a0129636_09541254.jpg

前橋に来てからの季節が一巡りする。

新しい場所で暮らすのは、
興味深い反面、いつもかすかな緊張がある。

折り合いをつけていく方法を、いろいろ試している。
a0129636_09544116.jpg









by bajiao1313 | 2017-10-15 09:55 | 前橋便り | Comments(0)

秋雨の群馬県立美術館

a0129636_14252770.jpg
蒸し暑い日が続いて、
夏に戻ったようだったが、
昨日の夕刻から雨が降り始めて、
すっかり涼しくなった。
a0129636_14271801.jpg

前橋から車で30分ほど、
森に囲まれた美術館に行ってきた。
本降りの雨の中、木々がぐっしょり濡れていた。
a0129636_14281619.jpg

展覧会は「THE ART SHOW」
タグチ・アートコレクションにみるミレニアムの美術
a0129636_14274338.jpg
a0129636_14285477.jpg

素材も大きさも色彩も様々な作品をゆっくり鑑賞した。
a0129636_14264242.jpg
a0129636_14262036.jpg

外に出ると雨は小降りになっていて、
木の葉の色はすっかり秋の気配。
a0129636_14255733.jpg



by bajiao1313 | 2017-10-13 14:31 | 前橋便り | Comments(2)

鮎を食べました

前橋の魚屋はどこでも、
店の前に炭火のコンロを置き、鮎を焼いている。

かんかんに熾った炭のぐるりに鮎を串刺しにして立てる。
何度も場所を変えて全身をこんがりと焼く。
それはそれはおいしいものだ。
a0129636_17132060.jpg
特に今日の鮎はお腹にたくさん卵が入っていて、
すばらしい味わいだった。

秋が深まり、山からの冷たい強風が吹き荒れるようになってきた。
冬の寒さを思い出す日々が訪れた。
a0129636_17152384.jpg


by bajiao1313 | 2017-10-04 17:16 | 前橋便り | Comments(0)

栗の渋皮煮を作る

a0129636_13545666.jpg
秋になって栗が出回り始めた。
前橋の新栗を使って渋皮煮を作った。
一晩水につけて皮を柔らかくした栗。
ていねいに皮をむく。
鬼皮と呼ばれる外側の皮だけをむき、
渋皮を残す。

a0129636_13552417.jpg



重曹を入れると、栗の渋から濃い色が出る。
20分ほど煮て鍋を下ろし、
そっと水で洗いながら、筋や綿を取り除く。
2回繰り返す。
a0129636_13563159.jpg

最後は砂糖を入れて煮る。
栗が600グラム、砂糖は300グラム。

2時間ほど、弱火で静かに煮含めると、
つやつやした渋皮煮ができあがった。
a0129636_13565936.jpg

by bajiao1313 | 2017-09-17 13:59 | 前橋便り | Comments(0)