八角の台湾旅行記

bajiaoyue.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:楽しかったこと( 45 )

お針の楽しみ

a0129636_17581990.jpg


友人3人が集まってお針仕事。
a0129636_1874418.jpg



古い着物地の再利用で、コースター作りをした
a0129636_1803581.jpg


裏地を決め、アイロンで布を伸ばし、ちくちく縫う。
a0129636_1843198.jpg


おしゃべりをしつつ、手も動かす。
楽しい時間。

友人の作品。
いいものができたね。
a0129636_185740.jpg

by bajiao1313 | 2015-03-30 18:10 | 楽しかったこと | Comments(6)

退職祝い

a0129636_16371639.jpg

友人が退職を祝ってくれた。

お昼ご飯を作って待っていると、
たくさんのプレゼントと、すてきな笑顔で現れた。

メニューはわたしの作った生ソーセージのトマトソース煮込み。
少し辛くてスパイシー。
a0129636_16385144.jpg


友人がサラダとおいしいパンを用意してくれた。
a0129636_16394825.jpg


「お祝いだし、飲んじゃおうか!」
なんと、冷えたワインが出てきた。

たくさんおしゃべりし、笑い、昔を懐かしみ、
時間の経つのを忘れた。
a0129636_16381413.jpg


お祝いのプレゼントは春色のスカーフ。
優しく首にまとわりついて、
友人の想いが伝わってきた。
a0129636_16424230.jpg

by bajiao1313 | 2014-04-08 16:47 | 楽しかったこと | Comments(6)

おしゃべり会

今日のお昼は持ち寄りパーティ。
a0129636_1745758.jpg


うれしい花のプレゼント。
不思議な色のチューリップ。
渋く光る色、ダイヤモンドピンクというのだそうだ。
a0129636_16515679.jpg


よく食べ、よく喋りました。
a0129636_16525149.jpg
a0129636_16534386.jpg
a0129636_16545926.jpg

a0129636_16561192.jpg
a0129636_1753592.jpg

a0129636_17101763.jpg

by bajiao1313 | 2014-02-25 17:13 | 楽しかったこと | Comments(2)

気の合う仲間が集まって牡蠣パーティ

a0129636_025825.jpg

毎年冬の楽しみは、知り合いから取り寄せる牡蠣。
友人に声をかけ、パーティを開くことにした。

前日にビールが届いた。
a0129636_027337.jpg


みなが集まるまでに、二人でビールの味見。
ボストンラガービールの程よい苦味とコクの深さに感激。
a0129636_0143079.jpg


夕方までに4人が集まった。
a0129636_0205636.jpg


a0129636_0224830.jpg


今回は村上春樹の真似をして、
村上春樹作(もし僕らのことばがウィスキーであったなら・P50)

シングル・モルトの絶品「ボウモア」を小皿に乗せた生牡蠣に注いで、
牡蠣の塩味とウィスキーとのハーモニーを味わった。

a0129636_0132451.jpg


おいしさをことばで表すのは難しい。
目を閉じて、「ああ、おいしい」とつぶやくのみ。
a0129636_15531313.jpg

by bajiao1313 | 2014-02-23 00:41 | 楽しかったこと | Comments(0)

今年の忘年会

a0129636_18431192.jpg


お茶ノ水で忘年会。
久しぶりに仲間と再開。
美味しい食事とお酒、
おおいに喋って楽しんだあと、
近所を散歩。

湯島聖堂。
a0129636_18452036.jpg


静かな場所、安らかな時間。
a0129636_18453371.jpg


a0129636_18461181.jpg



次に聖ニコラス大聖堂へ。
湯島聖堂からは5分ほど。
a0129636_18504195.jpg


a0129636_18492945.jpg


今年を締めくる忘年会。
すてきな時間をありがとう。
a0129636_1852471.jpg

by bajiao1313 | 2013-12-15 19:04 | 楽しかったこと | Comments(1)

中山法華経寺から市川市東山魁夷記念館へ

a0129636_19294345.jpg

中学・高校は市川市の学校に通った。
市川に住んでいた時期もあったので、中山は懐かしい場所。
若いころは法華経寺に繰り返し行ったものだ。

今日10年ぶりくらいだろうか、
久しぶりに訪れて、感慨深いものがあった。
a0129636_19593998.jpg


60歳を過ぎて心も気持ちも落ち着いてきたので、
この寺の伽藍の美しさにやっと気がついたように思った。

若いころは心が激しく動き回り、自分のことに精一杯で、
景色を楽しむゆとりがなかったのだと感じた。
いまやっと、静かな心持になって幸せに思う。

a0129636_1930962.jpg
a0129636_1958514.jpg


墓地のイチョウが黄色くなっていた。
a0129636_1933697.jpg



寺の裏から坂を上がっていくと、周りはお屋敷町の風情。
細い道を抜けた場所に、東山魁夷の美術館があった。

ドイツの建物のような雰囲気。
屋根の上で風見鶏が回っている。
a0129636_19392813.jpg


小さくて静かで、すてきな美術館だった。
a0129636_19403573.jpg

入り口に向かう通路の門に書かれていたことば。
  歩み入る者に やすらぎを
  去り行く人に しあわせを
a0129636_1950382.jpg


喫茶室も居心地がよかった。
a0129636_2032991.jpg

a0129636_1947718.jpg

by bajiao1313 | 2013-11-10 20:06 | 楽しかったこと | Comments(2)

おにぎりの講習会

a0129636_1434046.jpg


中国人の若い友人夫妻が遊びに来た。

コンビニで買ったおにぎりのおいしさに驚いたxixiが、
ぜひ作り方を教えてほしいと言ったので、
我が家で一緒に作ることになった。
塩、水、梅干、明太子、ゆかり、海苔などを準備してご飯が炊けるのを待った。

だんなさんは見学。
わたしの指導の下、xixiが一生懸命握って9個できた。

梅干の酸っぱさにだんなさんは体を震わせ、汗を流していた。
「こわい!」というので、大げさだと笑うと、

「いや、本当に怖い、体が震えちゃうんです。
中国にも梅干はありますが、甘くて酸っぱくないのです。
日本に来て、始めて梅干のおにぎりを食べたときはびっくりし、
それから一個も食べていません」
とのこと。

辛いものはいくらでも平気なふたりなのに、
小さい梅干のすっぱさが耐えられないなんて本当におかしかった。

旦那さん、決意して食べ始め、残してはいけないと、
必死で頑張ったが、半分でギブアップ。
顔が真っ赤になって汗が出ていた。

a0129636_14472728.jpg

by bajiao1313 | 2013-09-07 14:56 | 楽しかったこと | Comments(4)

サッカー観戦

a0129636_928189.jpg


近くに住んでいるのに、一度も足を運んだことのなかった競技場、
柏駅から歩いて15分くらいの場所にある日立台サッカー場に行ってきた。


xixiのだんなさんは大のサッカー好きで、
自分もアマチュアのチームに入っている。
たまたまチケットが手に入り、みなで一緒に行くことになった。

a0129636_937127.jpg


ちょうど近くの手賀沼で花火大会が開かれていて、
サッカーと花火を同時に楽しむことができた。
a0129636_9344945.jpg


いつもはテレビで見る試合だが、やはり迫力が違う。
みなで応援歌を歌い、手拍子で選手たちを鼓舞する。
スタジアムが一体化して大いに盛り上がる。
a0129636_9405383.jpg


ゴールが決まると、ワーッと怒涛のような歓声が湧き上がり、
周りの人と歓喜のハイタッチ。
とてもおもしろかった。
結果は2対1で快勝。
by bajiao1313 | 2013-08-04 09:49 | 楽しかったこと | Comments(0)

本場四川料理を教えてもらった

a0129636_1585834.jpg

今日はxixiの家に招待され、お昼ご飯をご馳走になった。
先日わたしから日本の家庭料理を紹介したので、
今日はそのお返し、四川料理の作り方を教えてもらいにxixi宅を訪問。

まず最初に冷たい小豆粥が出された。
これは夏ばてを防ぐ薬膳の食べ物。
うす甘くとろりとして大変おいしい。
体の余分な熱を外に出してくれる食べ物だ。
a0129636_1573878.jpg


だんなさんのxiao guangと3人でしばらくおしゃべりを楽しんだのち、
さあ、いよいよ料理開始。
a0129636_15131373.jpg


分厚い豚肉の塊を薄切りにする。
中国の包丁は刃が厚くずっしり重い
a0129636_1515439.jpg

わたしもちょっと手伝ったが、均等に切りそろえるのはなかなかむずかしい。

a0129636_15202830.jpg

肉に片栗粉をまぶしておく。

材料は豚肉、白菜、香辛料と調味料。
唐辛子・花椒・ニンニク・生姜・豆板醤・塩・砂糖少量・醤油など。
唐辛子は武漢産の特別辛くておいしい唐辛子、赤黒くて太っている。

a0129636_15261384.jpg

a0129636_15285732.jpg

フライパンを熱し、油を入れ、弱火で唐辛子・花椒・ニンニク・生姜をいためる。
猛烈な香辛料のエッセンスが空気中に漂った。

わたしもだんなさんのxiao guanも咳込んで涙が出たのに、
xixiは平然と炒め続けている。
さすが慣れている人は違うと感心する。

二人ともしきりに「辛いのは大丈夫か?」と尋ねる。
最初のうちは「だいじょうぶ」と答えていたが、だんだん…
「たぶん、だいじょうぶだと思う」に、変わってきた。

白菜を炒め、鍋にとる。
a0129636_15384093.jpg

次に肉を炒める。
a0129636_15401765.jpg

白菜の入っている鍋に肉を入れ煮込む。
a0129636_1541184.jpg

最後にもう一度フライパンで油と香辛料を熱し、
香油を作って料理の上からまわしかけて、出来上がり。

その他に2品を手早く作ってくれた。
a0129636_1554441.jpg


インゲンの炒めものときゅうりの炒めもの。

薄切りきゅうりに塩を振ってしんなりしたものをニンニクと炒めただけ。
非常にシンプルだがあっさりしておいしかった。
a0129636_15552372.jpg


「いただきます」
お味は「非常好吃!!」

辛いことは辛いが、
大変おいしく愉しい食事会だった。
a0129636_15595049.jpg

by bajiao1313 | 2013-07-14 16:24 | 楽しかったこと | Comments(2)

神保町で買い物

a0129636_198510.jpg

山登りをするようになったので、
衣類を調達に神保町まで行ってきた。

神保町といえば古本屋街。
昔、小学生高学年の頃、三省堂という本屋に来て、
「自由自在」という参考書を買ったことを思い出した。
a0129636_19172265.jpg


古本屋は今もあるが、大通りに面した店はスポーツ用品店ばかり。
少しさみしい…。

でも路地裏に入れば、なつかしい店がまだ残っている。
残念ながら、休み。
a0129636_1924725.jpg


数軒先のギャラリーのカフェで一休みした。
カフェオレを注文すると、不思議な飲み物が来た。
スプーンで泡をすくって食べる。
a0129636_1921749.jpg



街はお祭りだった。
a0129636_1931482.jpg

by bajiao1313 | 2013-05-12 19:31 | 楽しかったこと | Comments(12)