八角の台湾旅行記

bajiaoyue.exblog.jp
ブログトップ

フィレンツェの街歩き4

a0129636_9545981.jpg


フレンツェに来るのは2回目だ。
前回は10年ほど前、美術館を巡るツアーだった。
日本人のガイドが全行程に付き、
美術館では絵画鑑賞の専門のガイドが作品の解説をしてくれた。
すばらしい経験だったが、街歩きを楽しむゆとりはなかった。
今回は街歩きを充分に味わった。
いろいろな思いをかみしめながら、細い路を巡り歩いた。

a0129636_1034421.jpg


最終日の午後、市内を巡るバスに乗ってみようと思い立った。
複雑なバス路線だが、町の大体の様子をつかんだので、
どこで降りても大丈夫だろうと見当をつけた。

a0129636_1093913.jpg


昼食時間を過ぎて、のんびりとタバコをふかしているレストランのおじさんがいた。
妹が近づいていって、
「この近くにバス停がありますか?」とイタリア語で尋ねた。
おじさんはとても親切に、ゆっくりとした話し方で身振り手振りを交えて教えてくれた。
a0129636_9564919.jpg


まっすぐに行き、2つ目の道を右に曲がるとバス停があるという。
細い道を歩いていると、小さいバスがやってきて止まった。
C3という表示があった。
C1のバスには繰り返し乗ったのでコースの見当がつく。
おなじCなので、大体近くを走るのだろうと勝手に思った。
「これに乗ろう!」と二人で飛び乗った。

a0129636_1023939.jpg


このバスは大当たりだった。
一方通行の細い路ををぐるぐる回る。
中心のドゥーモ周辺を行きつ戻りつした後、
ベッキオ橋を渡って対岸に向かった。
a0129636_108443.jpg


アルノ川の反対側は行きたかったのに、時間がなく諦めた場所だ。
「うれしいね」、妹と顔を見合わせてにっこりした。

喜んでいると、また橋を渡って反対側に戻り、
またすぐ橋を渡ってこちら側へと、
めまぐるしくと繰り返すうちに、
鉄道駅の近くまでやってきたのでそこで降りた。

a0129636_106506.jpg

a0129636_10204360.jpg


駅のちょうど裏側にあたる道を楽しく歩いた。
落ち着いた静けさの漂う道の両側に、数多くの教会や美しい建物があった。
a0129636_1019247.jpg
a0129636_108149.jpg
a0129636_10111512.jpg


やがて駅の真裏に出た。
a0129636_10123064.jpg

路面電車がやってきた。

駅の周辺は人が集まる場所なので、興味を引かれる場所だ。
表口と裏口、それぞれにおもしろい。
a0129636_1015113.jpg

by bajiao1313 | 2014-05-19 10:41 | イタリア旅行 | Comments(4)
Commented by taki at 2014-05-19 12:05 x
超、癒されますね。
Commented by bajiao1313 at 2014-05-19 17:23
takiさま
たくさんの写真で、たくさん癒されてください。
Commented by Kaorin at 2014-05-28 18:56 x
えいっと市内を巡るバスに乗ったり、ツアー旅行では絶対にできない楽しみですね!
ワクワクしますね。
Commented by bajiao at 2014-06-02 18:11 x
姉妹の力を合わせて、困難に立ち向かい、目指す場所にたどり着く。
こんな楽しい旅はありませんよ。