八角の台湾旅行記

bajiaoyue.exblog.jp
ブログトップ

ポルトガル旅行 2 古都エヴォラへ

リスボンに到着したのは深夜過ぎ、
一晩ぐっすり眠って朝9時にはエヴォラに出発した。
2時間ほどのドライブだ。
a0129636_14143456.jpg


ホテルから5分も走れば、坂の下に広々としたテージョ川が姿を現す。
スペインのトレドからはるばる流れ下って大西洋に注ぐ。
リスボンはその河口の町、川幅は広くまるで海のよう。
a0129636_14151213.jpg


バスゴダガマ橋、全長17キロメートルの長い橋だ。
それを渡って対岸の都市エヴォラを目指す。
コルクやオリーブのなだらかな丘が林が延々と続く。
草地、林、花々、驚くほど緑が多い。

運転手はがっちりとした体つきの男性「マリオさん」
70歳とは思えないたくましさ。
明るい性格で、親切、運転も上手でゆったりと車を走らせる。
周辺の様子を説明してくれたり、歌を聞かせてくれたり。
要所要所で、わたし達の写真をパチパチ撮ってくれた。
年齢も近く話も合い、く安心して運転を任せられる人柄だった。
a0129636_14252477.jpg


車はアンテレージョ地方に入った。
高速道路からいったん国道に入り、コルク畑沿いの道を登っていく。
a0129636_14175353.jpg
a0129636_14183296.jpg

舗装されていない土の道で、草原には草花が咲き乱れ、
牛やひつじがのんびり草を食んでいる。
のどかな田園風景を楽しんだ。

やがて車は不思議な場所に止まった。
高台の平らな場所に数多くの石が立っている。
a0129636_1417148.jpg

卵塔のような柔らかいかたちで、さまざまな大きさがある。
それぞれの石からパワーが出ているような気がした。
すばらしい場所に連れてきてもらった。
a0129636_14204072.jpg

by bajiao1313 | 2016-03-12 14:32 | ポルトガル旅行 | Comments(0)