八角の台湾旅行記

bajiaoyue.exblog.jp
ブログトップ

千葉県習志野市、谷津干潟へ行く

a0129636_1759225.jpg


かつて東京湾には数多くの干潟があったが、
その9割は埋め立てられてしまった。
a0129636_17575182.jpg


奇跡的に残った貴重な湿地、谷津干潟に行ってきた。
a0129636_17513098.jpg


南船橋駅から歩いて20分ほど、
午後2時前、ちょうど潮が満ちてくる時間だったので、
静かに素早く海水が流れ込んできた。
水の中で何やらうごめくものがいる。
トビハゼだ。
a0129636_175269.jpg


数多くの野鳥がエサを探していた。
羽をバタバタさせたり、杭の上で目を閉じていたり、
鋭い目つきで小魚を探していたり、興味が尽きない。
a0129636_1802131.jpg


自然観察センターに入り、
高性能の望遠鏡で鳥の様子を眺めた。
すぐ目の前にいるように見える。
どの鳥も個性的でおもしろかった。

a0129636_17543277.jpg


外に出ると、海からの涼しい風、磯の香りが強くした。
そのまま、干潟をめぐる遊歩道をゆっくり散歩した。
干潟の面積は約40ヘクタール。

a0129636_17563461.jpg

by bajiao1313 | 2016-07-17 18:12 | 国内旅行 | Comments(2)
Commented by midori at 2016-07-29 11:32 x
昔、小学生の頃、遠足は潮干狩りで、千葉に行きました。
多分谷津干潟だと思うのです。
五十年以上前とはいえ、この変化はすごい。
百年経ったら、千葉はどんなになるのだろう。
人間の一代の変化で、潮干狩りの場所もわからなくなる。
月日の変化はめまぐるしい。
Commented by bajiao1313 at 2016-08-08 15:56
midoriさん
私も小学校5年生の時、稲毛の黒砂海岸へ臨海学校で行きました。
今の稲毛は全く海がありません。ずいぶん変わってしまいました。
この日歩いていると、潮風のにおいがしました。