八角の台湾旅行記

bajiaoyue.exblog.jp
ブログトップ

中国・武漢旅行記8

a0129636_15081434.jpg
二日目の午前中は、友人が国立博物館と美術館を案内してくれた。
武漢市の中枢部、官公庁街までバスで20分くらい。

今までの景色とは違って商店やマンションが減り、
大きな建物や公園が増えてきた。
a0129636_14453758.jpg
証明書やパスポートを提示すると、誰でも無料で入れる。
すばらしい施設が無料なんて、うらやましく感じた。
a0129636_14425075.jpg
小学生の集団が続々やってきた。
最初は「かわいいなぁ」と目を細めていたのだが、
a0129636_14435233.jpg
小学生達の館内での振る舞いはなってなかった。
鬼ごっこをして走るまわる子、
大声を上げて騒ぐ子、
人数が多いから、音が反響して、
耳をふさぎたくなるほどうるさい。
先生も係員もなぜ注意しないのだろうかと、
不審に思った。
a0129636_14483466.jpg
家では一人っ子だから、
父母、祖父母に溺愛されて、
叱られることがないのだろうか?
a0129636_14521785.jpg

友人は「日本と全然違う。
基礎教育がなっていない」と嘆いていた。

「私の子どもには大声を出してほしくない、
そのように躾けている」
とも言っていた。
a0129636_14503134.jpg
a0129636_14500602.jpg
友人の子どもは2歳になったばかりだが、
するべき所ではきちんと教えていた。

ただし怒鳴ったり、怒ったりという態度は全くなく、
冷静に叱り、短く説明をして納得させていた。
最後に必ず「好不好?」と尋ね、
本人に返事をさせていた。
a0129636_14470652.jpg
a0129636_14473884.jpg

小学生の集団がいない場所は大変静かで、
みな、熱心に鑑賞していた。
a0129636_14511391.jpg

展示品はどれもすばらしい。
中国5000年の重みを十分に感じた。
a0129636_15114630.jpg
じっくりと鑑賞したいと思った。


a0129636_14462535.jpg
隣接する美術館にも行き、
ここはとても静かなので、
しばし芸術鑑賞と、
ベンチに座っておしゃべりをを楽しんだ。
a0129636_14523617.jpg
家に戻ると友人の「まーま」が、
昼ご飯を作ってくれた。
台所に入ると、手品のように素早く料理ができあがる。
a0129636_15163016.jpg
「まーま」のご飯はおいしいと、
何回も聞いていたが、
「ほんとうに、おいしい!!」
a0129636_15165566.jpg
「たくさんたべてね」
「ありがとうございます!
すごくおいしいです」
と感激。


by bajiao1313 | 2018-11-10 15:29 | 中国・武漢旅行 | Comments(2)
Commented by takeshi_kanazaw at 2018-11-10 18:03
この博物館には行った記憶があります。
大きな鐘のような楽器。なって云うのか・・・。
凄い数の音階ですよね。

中国人の子供達。
そうなんですか、やっぱり大きな問題になってますか。
一人の孫に爺婆4人ですからね・・・。
Commented by bajiao1313 at 2018-11-11 12:21
問題視している人はあまりいないのでは?

友人は日本に暮らしたことがあり、
日本びいきでもあるので、比較できるのですね。
日本の管理主義、人目を気にするところ、
と裏腹ですね。