八角の台湾旅行記

bajiaoyue.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

梅雨の合間の覚満淵

a0129636_09503069.jpg
今年の梅雨は不順、雨が降ると気温が低く、
ひとたび晴れると気温が上昇し、すごい蒸し暑さ。
a0129636_09573269.jpg

熱中症に気をつけてと言われる。
先日、仕事をしていてめまいが起きた。
後から思うと、あれは熱中症の初期症状だったかも。
a0129636_09592498.jpg

もう高齢者なのだから、油断はできない。
としみじみ思った。
a0129636_09585555.jpg
冷たいトマトジュースでとても楽になった。
ほどよい塩分と、冷たさでしゃきっとした。

今日は赤城山の小さい湖、「覚満淵」に行って、
のんびり遊んできた。
a0129636_09512674.jpg
山の上も意外に蒸し暑かったが、
清々しい景色に感動。
a0129636_09580474.jpg

赤城山は水が豊かに湧く地。
a0129636_09543107.jpg
a0129636_09521184.jpg
a0129636_09581456.jpg
a0129636_09585071.jpg
ご神水で煎れたコーヒーはおいしかった。
a0129636_09581941.jpg



by bajiao1313 | 2018-06-28 10:01 | 前橋便り | Comments(4)

榛名へドライブ

a0129636_14262472.jpg
前橋から車で30分、榛名へドライブ。

a0129636_14231659.jpg
赤城山と比べると、山道のカーブがゆるやか。
見晴台で少し休んだ。
眼下に伊香保温泉街が見える。
a0129636_14233395.jpg

周りの木々から聞こえてくるのは、春ゼミ。
すごい数の蝉が鳴いているようで、
うるさいほど。
a0129636_14255626.jpg

山ツツジは盛りを過ぎていたが、
a0129636_14243032.jpg
湿原の散策は楽しかった。
a0129636_14271824.jpg

榛名湖を望みながらお弁当を食べた。
a0129636_14265109.jpg

by bajiao1313 | 2018-06-04 14:32 | 群馬 | Comments(2)

水無月の花

a0129636_09305924.jpg
6月に入って3日目、
朝から晴れて気温が上昇。
a0129636_09294513.jpg
8時に家を出たら、外はもう暑かった。
a0129636_09303065.jpg

広瀬川の水嵩がずいぶん増えて、ザアザアと流れている。
a0129636_09264279.jpg
瀬になった場所は、水しぶきが霧のように漂っている。
空気が冷やされてひんやり。

a0129636_09270014.jpg
川辺の紫陽花の花比べ。
a0129636_09300887.jpg
どの花も咲き始めでフレッシュ。
生き生きしている。
a0129636_09285531.jpg

すてきな風情。
a0129636_09283097.jpg

甲乙つけがたい。
a0129636_09280741.jpg

by bajiao1313 | 2018-06-03 09:34 | 前橋便り | Comments(2)

群馬県立近代美術館 湯浅一郎展へ

a0129636_14514788.jpg
6月、水無月、紫陽花の季節。
a0129636_14470311.jpg
群馬県安中出身の画家「湯浅一郎」の展覧会へ行った。
美術館は広大な群馬の森公園のなかにある。
a0129636_14473367.jpg

緑の大気が心地よい。
晴天の土曜日だったので、
散策を楽しむ人の姿が多かった。
a0129636_14494589.jpg


絵を見た後、美術館にある茶室でお茶をいただいた。
和菓子は季節の花。
a0129636_14480641.jpg
a0129636_14485109.jpg
a0129636_14501262.jpg

by bajiao1313 | 2018-06-02 14:53 | 前橋便り | Comments(0)

京都 京寿司

京都最後のお昼は、
東福寺近くの鯖寿司の店に入った。
a0129636_11471334.jpg
京寿司の盛り合わせを頼んた。
寿司に味が付いているから醤油はいらない。

a0129636_11451706.jpg
一つ一つの味が全部違って、
ご飯のおいしさを堪能した。
酢で締めた魚と酢飯の相性は、
究極の旨さだと思う。
a0129636_11460933.jpg
大量のご飯だったが、
最後までおいしくいただいた。
a0129636_11454708.jpg
母は鯖寿司が大好きだった。
一緒に食べているような気がした。

by bajiao1313 | 2018-06-01 11:48 | 国内旅行 | Comments(4)

京都 仏さまに会う

a0129636_11283071.jpg
京都を歩いていると、おびただしい数の神社仏閣がある。
どの場所も掃き清められ、清々しい気が流れている。
a0129636_11260762.jpg
静かで落ち着く場所だと感じる。
今回の旅行でもたくさんのお寺を訪れたが、
一番印象に残ったのは、東福寺の塔頭の一つ、
「即成院・そくじょういん」だった。
a0129636_11253542.jpg
この寺は東山区泉涌寺にある。
坂道を登り切った緑濃い場所に建つ立派なお寺。

現世極楽浄土。
阿弥陀如来の両側に、各々の手に楽器を持ち、
楽しそうに楽を奏でる25体の菩薩が並んでいる。
それぞれの菩薩は表情が豊かで、
歯を出してにこにこしている像まである。

対比して、正面に鎮座する阿弥陀如来のお顔は鎮まり、
慈愛にあふれている。

すぐ右側に位置する像は、少し腰を浮かし、前傾している。
両手に大きな蓮の花を捧げている。
この花に乗せて魂を極楽浄土に導くのだそうだ。
a0129636_11263656.jpg
「なむあみだぶつ」ことばが自然に出てきた。

拝観が済んでから、お堂の中にあるお茶のサービスをいただいた。
先に一人初老の婦人が静かにお茶を飲んでいた。

陶器製の壺にお茶が入っている。
お釜の蓋のような分厚い木の蓋をそっと持ち上げ、
ひしゃくで掬って茶碗に入れる。

婦人が「このお茶のいわれをご存じ?」
と教えてくれた。
「このお茶は、功徳があってね、長患いをせずにあの世に行けるの、
わたしの母も義母も御利益がありましたよ。
いま、わたしは死ぬことが怖くなくなりました」
すてきは女性だった。
毎月一回のお参りを欠かさないそうだ。

緑濃い京都の5月。
蒸し暑さはなく、爽快な風が心地よかった。
a0129636_11270202.jpg






by bajiao1313 | 2018-06-01 11:31 | 国内旅行 | Comments(0)